詳しく知りたい債務整理の条件 【知っておきたい債務整理の基本】

詳しく知りたい債務整理の条件 【知っておきたい債務整理の基本】

詳しく知りたい債務整理の条件 【知っておきたい債務整理の基本】

債務整理は、借金を整理して生活を再生するための法的な手続きです。債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3種類ありますが、それぞれ利用できる条件があります。
任意整理は、貸金業者と個別に交渉し、将来利息のカットや毎月の支払額を現在より低くする内容で和解案をまとめます。裁判所を通さないので比較的簡単に手続きができ、債務整理の中では一番利用されています。任意整理を利用できる条件は、引き直し計算をして減額した借金を3年程度で返済できること、継続した収入の見込みがあることです。
個人再生は、マイホームなどを維持したまま、大幅に減額された借金を原則として3年間で返済していく手続きです。裁判所に提出した再生計画が認められれば、5分の1程度に減額された借金を返済し終えた段階で住宅ローン以外の借金の返済義務が免除されます。個人再生が利用できる条件は、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下で、返済不能になる恐れがあり、継続した収入の見込みがあることです。
自己破産は、原則として全ての借金の支払義務が、法律上免除される手続きで、20万円以上の財産があれば処分されて債権者に配当されます。自己破産が利用できる条件は、裁判所に支払い不能であると認められること、過去7年以内に免責を受けたことがないことです。ただし、資産を隠そうとしたり、嘘をつくなど不誠実な行為があると、裁判所が免責を認めない場合があります。