債務整理の費用相場を徹底解説!※債務整理の相場っていくら?

債務整理の費用相場を徹底解説!※債務整理の相場っていくら?

債務整理の費用相場を徹底解説!※債務整理の相場っていくら?

借金が膨れ上がって、返済ができなくなったときに、債務整理をすることが法律で認められています。
債務整理にもいろんな手法がありますが、多くの場合、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼したほうが円滑に処理が進むようで、ほとんどは弁護士か司法書士に手続きを頼んでいるのが現実です。
その場合の費用の相場ですが、そもそも弁護士や司法書士に支払う費用というのは、着手金、基本報酬、減額報酬、過払い報酬から成り立っています。
着手金というのは、文字通り、依頼するのに必要な費用と言う意味です。
依頼人がこれを支払うまでは、仕事にかからないという側面を持っています。
着手金の相場は、事務所によって大きく異なり、関係会社1社ごとで2万円とか、あるいは、会社の数は関係なく一律1万円とか、千差万別です。
次に基本報酬ですが、これは、会社1社ごとで必ず必要な報酬のことを指しています。
多くの事務所では、分割払いを認めており、依頼後に毎月積立していくシステムが採用されています。
基本報酬の相場額は、1社あたり2万円から3万円のところが多いです。
3つ目の減額報酬とは、わかりやすく言えば、弁護士か司法書士の介在によって減額できた借金に対する報酬のことです。
過去に支払っていた違法な高い金利を、利息制限法に基づいた金利で計算し直すことで減額できるのです。
この相場は、5%から10%といったところです。
最後の過払い報酬とは、取り戻した過払金の金額に応じて支払う報酬のことです。
過払い報酬の相場は20%ですが、裁判を行った場合には25%となります。
このように、債務整理では法律の専門家に依頼する費用が大きなポイントになってきます。